最新情報

2014/11/17 耐震シェルターを極厚無垢板パネル「ピュアウッド」に統一
 強度や防火・耐火性能に優れた「ピュアウッド」が、国交省の準耐火構造60分の認定取得で、木質系の耐震シェルターとして最高品質であることが再確認されたため、「ピュアウッド」での提供に統一し、オーデイオルームなど多用途を兼ねた部屋の基本モデルを掲載していきます。
※写真は耐火試験の様子

2010/10/09 低コスト耐震シェルターの開発
 宮城県中小企業支援センターが実施している「実践経営塾」で、気象庁の緊急地震速報を活用した緊急地震通報装置「仮称-防災ラジオ計画」が取り上げられ、緊急速報を受けて「人命を守る3つの提案」として、セーフルームの「枡組工法」が紹介され、図面などを提供しました。
 最近地震が多発しているこの地域では大好評となり、5月17日に再度プレゼンすることになりました。

2006/02/12 住宅の起震装置実験
 神奈川県で建設中の住宅現場で、起震装置を使用し「震度2」で建物を揺らせデータを集める実験に立ち会う機会がありました。
 建物はオーストリア・チロル地方から輸入した「ピュアウッドの家」で毎回実施されておこなわれているもので、今回初めて公開されることになり、壁パネルの耐震強度が国土交通省の試験で壁倍率7倍の評価を受けているピュアウッドパネルを使用した建物内では床にすわった状態でもわずかな揺れ?震動を感じただけでした。
 建物の耐震実験を行なった会社の担当の方は、通常の木造家屋の2倍前後の強度データが確認されているとのことでした。