建築設計者のパソコン活用/Q&A

  • 事務所が活用しているCADやOSなどのトラブルに対処する一般的な方法を掲載。
  • 使用ソフト
    • CAD - AutoCadLT2000i , DraftSight(ドラフトサイト , SketchUp (スケッチアップ)2015
    • OS  - Windows7(32bit) , Windows10(64bit)

※パソコンは30年以上活用していますがプロではないため表現する言葉(専門用語?)に多少難があります、又、Win2000時代に使用していたAutoCadを今でも使用していますのでご了承ください。

CAD

  1. AutoCad2000iはWindows7やWindows10で使用できますか ?
  2. WinXpで動作したAutoCad2000iのマクロなどのカスタマイズはWindows7/10で使用できますか ?
  3. DraftSightのアクティベーションができませんが ?
  4. SketchUpで作成したファイルを開いたときに、時々エクスプローラーの動作が停止します。
  5. AutoCad起動時に「フェイタル エラー」と表示され動作が停止します。
  6. AutoCadの図面ファイルの「ゴミ」をとる方法は ?

Q1 AutoCadLT2000iはWindows7やWindows10で使用できますか ?
A1 一部動作しないコマンドがありますが使用しています。
現在確認している動作しないコマンドと回避方法は
1)ブロック登録/定義と挿入 → DraftSightを動かして使用しています。
2)フェイタルエラー → USBに入れた*.gwdファイルを開くことで回避できる場合もありますが、バックアップしておいたディスク(SSD)ごと復元します。


Q2 WinXpで動作したAutoCad2000iのマクロなどカスタマイズはWindows7/10で使用できますか ?
A2 私が使用している、500前後のメニューや右クリックに組み込んだスクリプトなどのうち約90%が使用できています。


Q3 DraftSightのアクティベーションができませんが ?

A3 原因のひとつに、迷惑メールを削除するソフトなどで確認がカット?されるている場合があげられます。
迷惑メールを削除するソフトなどを使用している場合には、ダッソー社から送られてくるメールを受取る状態を保つことで解消できる場合がありますので一度試してください。

  • 許可リストに登録
    @draftsight.com と info@draftsight.com
    ※1年毎に更新するアクティベーションができない場合にも有効

※2017年2月に「証明書の有効期限切れ」を解決する修正プログラムが公開されています。


Q4 SketchUpで作成したファイルを開いたときに、時々エクスプローラーの動作が停止します。
A4 経験上データ量の大きいファイルや、SketchUpのデータを多く入れたホルダーを開こうとした場合に
【エクスプローラは動作を停止しました 】
という メッセージが表示されるようです。
explorer.exeのプロセスの負荷が高くなるのが原因のひとつで、ホームページでしらべてみると様々なケースがあり根本的な原因がわからないようですが、WinXPでは開くことができますので、OSの違いで起こる症状でプレビュー動作に負荷がかかるのではないかと思っています。

  • 回避方法
    ホルダーを開く際にプレビーウインドウを一時「非表示」にさせ、使用後に「表示」に戻す
    ショートカットキー「Alt + P」でプレビューウィンドウをON/OFF

※コントロールパネル > フォルダーオプション > 表示
からもできますが、ファイルがプレビーできず不便になる場合があります。


Q5 AutoCad起動時に「フェイタル エラー」と表示され動作が停止します。
A5 「フェイタル エラー」は、いろんな原因で起こるようでメーカーも様々な解決策をけいさいしておりまが、私自身は下記3つのいずれかの方法で処理しています。

  1. 他の図面を別のドライブ(USB)から開く
    ※回避できる確率は1~2割程度と低いが、とりあえずトライ
  2. AutoCadの再インストール
    ※「C:\Users(ユーザー)\[ユーザー名]\AppData\Roaming」 内の\Autodesk フォルダーも削除
    ※CADの動作設定が多いかたには勧められないが…
  3. システムドライブのリストア
    ※システムパーティションのバックアップ可能な有償ソフトを使用

Q5 AutoCadの図面の「ゴミ」をとる方法は ?
A6 AutoCadの図面は、「コピー」「貼り付け」などを多く繰り返し作成しているうちに「ゴミ」が増え、他の図面から部分的にコピーするたびに「ゴミ」もついてきます。
 一般的に「ゴミ」を取る方法として、「名前削除」や「wblock」コマンドを使用する方法がありますが多少の「ゴミ」は残るようで、本サイトに掲載している「DraftSight」で図面を読み込み、「新規図面」に書き出すことで多くの「ゴミ」を取ることができます。
 但し、使用していないレイヤーや寸法スタイル、線種、文字スタイルなども削除され、グリッドなどもリセット?されますので、新規図面として読み込まれるテンプレート図面(**.dwt)を目的図面に合わせ作成しておくことをお勧めします。